小松藩:小松陣屋
小松藩/小松陣屋:伊予(愛媛)西条市小松町  一柳家・播磨小野藩分家 外様 10千石【柳間】子爵 小松藩
     小松藩の陣屋碑の裏は畑  小松藩の移築陣屋門/仏心寺・徳蔵寺  小松藩一柳家菩提寺の仏心寺    (61番香園寺、62番宝寿寺)
小松藩探訪歴:平成10年5月探訪(小松駅は無人駅)/同18年12月再訪/同26.年1月更新 
 ☆≪伊予小松藩会所日記:集英社新書≫・・・紹介
伊予小松藩というたった一万石の小藩があった。この藩で、150年以上にもわたって書き継がれてきた『会所日記』が、小松町に残されている。財政破綻、武士の内職、不倫、駆け落ち、賭博、刃傷沙汰、酔っぱらいの喧嘩や訴訟事など、リストラや不景気に苦吟する現代の中小企業の悲哀にも似た江戸時代の極小藩の庶民の暮らしが、あますところなく綴られている貴重な古文書。本書はその膨大な資料を解読し、今に通じる事件や暮らしのさまをビビッドに描いた「本物の時代劇」である。・・・・四国の伊予小松藩という小さな藩の小さな事件の数々実に面白い(自称、江戸の残照より)。
※一口メモ
@小松藩の成立:寛永13年(1636)一柳直頼が父の西条藩主、直盛の遺領のうち1万石を分与され小松藩を立藩し9代230余年在封た。
A幕末維新時の小松藩:小松藩は慶応4年2月入京、北越や庄内方面に兵をだした(小松藩から50名が出兵し1名戦死)。戦後の論功行賞で、小松藩は
賞典金2千両を賜った。   
62番札所 宝寿寺 平成10年5月
61番札所香園寺
小松藩城下の武家屋敷
小松藩一柳家菩提寺の仏心寺と歴代藩主墓所
小松藩の移築陣屋門/徳蔵寺/西条市広江
小松藩の移築陣屋門/仏心寺
小松藩の移築陣屋門/仏心寺
小松藩陣屋跡は看板のみ