小松城/加賀藩
小松城:石川県小松市 :加賀藩の支城で小松城代
小松城の歴史は、一向一揆勢が築いた城砦に始まる。天正7年(1579)、織田信長の命を受けた柴田勝家により一向一揆は鎮圧された。その後、城主は村上義明、丹羽長重と交替。慶長5年(1600)、関ヶ原合戦で西軍に与した長重は、所領没収となり、小松城は前田利長の所領となって城代が置かれた。
 元和元年(1615)の一国一城令で小松城は一旦廃城となる。しかし寛永16年(1639)、加賀藩3代藩主前田利常の隠居城として例外的に幕府から認められ小松城は復活した。  前田利常は小松城を大修築を施し、寛永17年に小松城に入城した利常は、この城で余生を過ごし、万治元年(1658年)に亡くなった。その後は小松城代・小松城番が置かれ、明治まで城は存続した。
小松高校グランドの隅に小松城天守台     小松城探訪歴:昭和62年5月探訪/平成17年11月再訪/同24年8月更新
小松城移築城門/稚松小
小松城移築城門/来生寺
小松城天守台跡