菰野藩:菰野陣屋

菰野藩

※一口メモ
@菰野藩土方家とは:土方雄久が織田信雄、豊臣秀吉に仕え、伊勢菰野を領していたが、その去就を家康に疑われ、領地を失っていた。関ヶ原の戦い(1600年)のあと、子の土方雄氏が秀忠に仕えて慶長10年(1605)12千石を与えられ、旧領伊勢菰野に居を構えて菰野藩として立藩した(のち、1千石は叔父に分与)。
A幕末維新時の菰野藩: 菰野藩は鳥羽伏見の戦いの時は京都の警備にあたった。その後の菰野藩は東海道の警備や信楽にあった多羅尾代官所の接収に当たった。菰野藩からの出兵は44名。  

菰野藩土方家菩提寺の見性寺&歴代藩主墓
明治初年の菰野藩の陣屋写真
菰野藩/菰野陣屋: 伊勢(三重)菰野町 土方家 外様 11千石【柳間】子爵     ☆土方雄氏が1605年に菰野藩を立藩し、13代260年余在封
菰野藩の陣屋跡は菰野小学校   菰野藩土方家菩提寺の見性寺   菰野藩         
菰野藩探訪歴:平成8年3月探訪/同16年12月再訪(母校鹿児島玉竜ラグビー部、花園出場応援の途次)/同26年6月更新