金堂陣屋
金堂陣屋:滋賀県東近江市五個荘金堂町644     大和郡山藩15万石、柳沢家の飛び地陣屋     金堂陣屋探訪歴:2011.04
金堂陣屋跡は稲荷神社で近江商人屋敷の側(代官1名、手代2名、書役2名が駐在)。 金堂陣屋門/齢仙寺。 金堂陣屋長屋門/勝徳寺。 金堂陣屋

江戸時代の初めは幕府領であった。1622年から1683年まで館林藩領、のち再び幕府領となり、1685以降は幕末まで郡山藩領となった。1685年(貞享2年)に郡山藩に転封された本多氏は近江国の51か村4万石を与えられ、その支配拠点として1693年に金堂村に陣屋を設置した。1724年(享保9年)から藩主が柳沢氏に代わるが金堂陣屋は明治まで機能しつづけた

                金堂陣屋門/齢仙寺            金堂陣屋跡の稲荷神社⇒
 ←近江商人屋敷           金堂陣屋長屋門/勝徳寺は稲荷神社の西側 

近藤陣屋

Back