郡山藩:郡山城
郡山藩/郡山城 :大和(奈良)郡山 柳沢家 譜代 150千石【帝鑑間】伯爵 柳沢吉里が1724年に郡山藩に入封し6代140余年在封 
郡山藩、郡山城大手門、隅櫓復興 郡山藩  郡山藩探訪歴:平成元年12月探訪、 同16年12月再訪B/花園
@柳沢家の領地における菩提寺は永慶寺 Aしかし、藩祖以外の藩主は月桂寺に眠る /新宿区河田町。 郡山藩支藩の越後黒川藩・三日市藩の菩提寺&墓所も月桂寺H17.08参詣  B柳沢家始祖吉保の墓は最初の封地、甲府の恵林寺 郡山藩
<有名人の墓
Back
柳沢染子之墓:竜興寺/東京都中野区上高田 霊樹院。 染子は上総国の浪士飯塚正次の三女で吉保の生母了本院の侍女となり、柳沢家に仕え、吉保の寵を受けた。郡山藩の初代藩主の保里の生母。(吉保の異例の出世から、いろいろな噂や憶測が流された⇒将軍綱吉の側室を吉保が拝領したとも、柳沢吉保が献上したとも言われる。二代藩主吉里は実は綱吉の子では云々)                          H23.02参詣 
柳沢染子の墓
※一口メモ:
@郡山藩の藩主変遷: 増田家(除封)→天領→水野家→松平家(奥平)→本多家→松平家(藤井)→本多家(断絶)→1724年柳沢家が甲府から郡山藩に入封し藩主家定着
A幕末維新時の郡山藩:維新に先立ち天誅組が五條代官所を襲撃し、代官を殺害した事件では郡山藩が先頭に立ち鎮圧した。又、郡山藩は維新時はいち早く新政府軍につき東北方面の輜重を担当した(郡山藩からの出兵は191名)。戦後、その功を賞し郡山藩は
賞典金1千両を賜った。B郡山藩始祖の柳沢吉保とは:宝8年(1680)館林藩主の綱吉が4代将軍徳川家綱の将軍後継として江戸城に入ると柳沢吉保も幕臣となり、小納戸役になる。将軍綱吉の寵愛により頻繁に加増され、元禄元年(1688)小納戸上席より将軍親政のために新設された側用人に就任。上総佐貫藩1万2千石を賜り諸侯に列した。2年後にも2万石加増。元禄7年(1694)7万2千石で、武蔵川越藩に移封。同11年(1698)大老が任ぜられる左近衛権少将に転任する。同14年(1701)、、将軍綱吉から、「吉」の一字を与えられ、吉保と名乗る。宝永元年(1704)、甲府藩15万石の藩主となる(⇒1724年、郡山藩へ)
六義園:郡山藩下屋敷庭園/5代将軍綱吉が下屋敷にと与えた土地に郡山藩始祖、柳沢吉保が作庭した「回遊式築山泉水」の大名庭園/東京駒込  
郡山藩の藩祖、柳沢吉保夫妻は甲府恵林寺に眠る
永慶寺/領地に於ける郡山藩柳沢家菩提寺
郡山藩郡山城大手門・隅櫓
柳沢家は歴代、幕閣を勤めたので、郡山藩の歴代藩主は新宿区河田町の月桂寺に眠るH17.08参詣