挙母藩/挙母城 
 挙母城隅櫓
※一口メモ:@挙母藩の藩主変遷:三宅家⇒廃藩⇒三宅家再封⇒廃藩⇒本多家⇒寛延2年(1749)安中より内藤政苗が2万石で挙母藩に入封。
A幕末維新時の挙母藩:維新時の挙母藩は朝廷に恭順を示し、新政府の東征軍通過の時は、田原藩とともに熱田から新井まで輸送のを担当した。挙母 藩からは59名出兵した。
B江戸時代は挙母藩の城下町だったが、現在は
トヨタの企業城下町へと変貌した。
挙母城縄張り絵
旧南町町蔵/樹木町5
挙母藩米蔵門/樹木町
挙母藩内藤家菩提寺の洞泉寺と藩主一族墓所
 挙母藩(ころも)/挙母城:三河(愛知)豊田市 内藤家・延岡藩分家 譜代 20千石【帝鑑間】子爵 挙母藩 挙母城             挙母藩
挙母藩、挙母城隅櫓復興 挙母城米蔵  挙母藩内藤家菩提寺の洞泉寺&墓所H17.04参詣(豊田市郷土資料館さま教示)    
挙母藩探訪歴:平成7年5月探訪/同17年4月/同23年6月再訪:足助陣屋探訪途次 内藤政苗が1749年に挙母藩に入封し7代120余年在封