腰越城 
腰越城:埼玉県比企郡小川町腰越2325  県指定史跡  腰越城探訪:2013.09
典型的な戦国時代の山城(216m)。腰越城は治承4年(1180)に山田清義が築き、以後は山田氏の居城となった。山田氏は松山城の上田氏の属将として腰越城に居城した。中世の比企地方における松山城主上田氏の影響力はかなり大きかった。上田氏は扇谷上杉氏の重臣であったが、上杉氏が衰退すると小田原北条氏に従い重く用いられているから、腰越城も松山城の支城として整備されたものと思われる。天正18年(1590)の小田原征伐で
松山城は豊臣勢の包囲を受けて落城した時に腰越城もその役割を終えて廃城となった。その後、腰越城主の山田氏は300石の旗本として徳川家に仕え存続した(寛政重修諸家譜)。 
県道11号線に「腰越城跡」の標識がある。「福祉センターパトリエおがわ」の駐車場を利用すれば、駐車場の隅にも腰越城への案内矢印が ある
                 腰越城二の郭  二の郭から本郭へ
本郭と腰越城碑 
                 腰越城配置図 腰越城の本郭からの城下町並
Back