上月城
上月城:兵庫県佐用郡佐用町上月  上月城探訪歴:2013.05/成羽陣屋・布賀代官所探訪途次
戦国時代の天正5年(1577)から6年かけて、上月城を舞台に合戦が行われた。このとき上月城は、全国統一を目指し中国地方へ侵攻する織田勢と、中国の毛利勢との勢力の境に位置し、交通と防衛の要地だった。
  天正5年11月、時の上月城の城主・
赤松政範は毛利方についていた。織田方の羽柴秀吉の侵攻に対して、上月城とともに抗戦した福原城は早く落とされ、備前の宇喜多氏の支援軍も敗退し、遂に上月城は落城した。その後、秀吉は上月城に尼子勝久・山中鹿之介主従を入れて守らせるが、天正6年4月には、毛利方の軍に包囲された。支援に向かった秀吉は高倉山に陣を置いたが、信長から撤退を命じられたため撤退した。残された上月城は、2ヶ月以上の籠城の末、尼子勝久は切腹、山中鹿之介は捕らえられ、毛利陣への連行中に殺されてしまった(備中高梁の城下に墓)。
上月城歴史資料館駐車場からの登城口(片道20分)       上月城堀切跡
上月城の歴史資料館脇、登城口の脇に、尼子勝久と山中鹿之介の追悼の墓がある。
上月城跡/標高140m                                    上月城本丸跡
Back
上月城の本丸跡には赤松政範以下の戦死者を供養する250回忌の供養碑がある。(秀吉は女・子供を磔・串刺しにして国境にさらすなど残虐なことをしたと伝えられている)。