甲府城
甲府城:山梨県甲府市           甲府城探訪歴:平成12年8月/同21年8月/同26年8月
1593年に浅野長政が封を受けてから、甲府城はようやく長政の手により完成した。甲府城の城主は関ヶ原の合戦(1600年)後、家康の9男義直、家光の弟忠長、家光の三男綱重、その子綱豊が藩主となった。綱豊が6代将軍となったので柳沢吉保が15万石で甲府城に入封した。柳沢吉保が死んだ享保9年(1724年)、柳沢家は大和郡山へ国替えになり、それ以降は幕府直轄領になり、甲府城には「甲府勤番」が置かれた。
恵林寺と甲府城の城主、柳沢吉保夫妻の墓 (武田信玄の菩提寺)
※一口メモ:その後の幕府天領時の甲府城
 享保 9年(1724)、柳沢吉里は大和郡山に移封され、甲斐国は天領となり、
甲府城には甲府勤番が設置された。享保12年(1727)の甲府大火で甲府城の本丸御殿や銅門をはじめ、城内のほとんどを焼失してしまい徐々にかつての威容は失われていったが、大規模な修築が行なわれることはなかった。慶応 2年(1866)、幕末期の混乱の中で勤番制が廃止されて甲府城代が設置されるが、そのまま明治維新を迎えることとなり、戊辰戦争の際には新政府軍の板垣退助らが甲府城に無血入城した。
甲府城の堀側から
甲府城天守台と石垣