小山城/静岡 
小山城:静岡県榛原郡吉田町(現、能満寺公園)                               小山城探訪歴:2014.10
 永禄11(1568)年、武田信玄は遠江をおさえる第一歩として、この地に砦を築いた。その後、元亀2(1571)年、城郭を備えた小山城を築城した。 徳川家康との激しい戦いが、何度もこの地で繰りかえされたが、敗北を悟った武田方は天正10年(1582)、自ら城に火をかけ、甲州へ落ちていった。現在、三重堀などの遺跡や「展望台小山城」内の武田氏ゆかりの品々が、当時の面影を偲ばせている。
 小山城の大手門  小山城模擬天守
 
  外堀                       小山城三重堀 
Back