久保田藩(秋田藩):久保田城
久保田藩(秋田藩)/久保田城:出羽(秋田)秋田市 佐竹家 外様 205千石【大広間】侯爵   ☆佐竹義宣が1602年減封のうえ久保田藩に移封
 表門。 久保田城裏門/麟勝院に移築。 物頭御番所。 隅櫓復興。 久保田藩佐竹家菩提寺の天徳寺廟所。 500石武家屋敷黒澤家
    久保田藩探訪歴:昭和47年6月探訪:高卒採用で秋田、岩手の高校訪問時の日曜日/平成10年春再訪/同20年8月C/同26年8月更新
久保田藩の支藩:亀田藩20千石・岩崎藩(新田藩)20千石 関ヶ原の戦いでの日和見行動⇒常陸54万石から久保田藩へ減封し移封
久保田城裏門/麟勝院
久保田藩黒澤家500石。寺社奉行や山奉行を務めた。 (現在の中通3丁目の上級武家屋敷街から移築//一つ森公園)
久保田城表門/久保田藩
久保田藩の久保田城の堀
平田篤胤の墓
※一口メモ:幕末維新時の久保田藩:久保田藩は初めは奥羽越列藩同盟に参加したが、藩内は佐幕派と勤王派が内攻していた。新政府軍が久保田に入ったのを契機に藩論を勤王に統一した。しかし東北の大勢は反政府軍であり、苦戦を強いられた。庄内藩により新庄城が落城、久保田藩でも、湯沢・横手・大館が落とされるなどしたが、新政府軍の増援部隊の到着で勝利した。久保田藩から8698名が出兵し351名が戦死した。戦後の論功行賞では、久保田藩は2万石の賞典禄を賜った。 
久保田藩佐竹家菩提寺の天徳寺と廟所
久保田藩、久保田城物頭御番所
<有名人の墓
<幕末275藩
 平田篤胤:(1776-1843年)久保田藩大番組頭の4男。幕末の国学者。秋田市蛇野、正洞院墓地の一角
国学とは純粋な我が国古来の精神や道徳を探求しそれを学ぶことの大切さを説いたもの。篤胤のこの神道、国学の考え方は江戸のみならず地方の武士、神官、商人、農民の多くの人に受け入れられた。1841年、その思想が幕府体制をゆるがすとされ、江戸から久保田藩に帰させられた。
遺言により、衣冠束帯の姿でこの地に葬られ、お墓は師である本居宣長の伊勢松坂の方向に向けられているという。
久保田藩の久保田城復興隅櫓