櫛羅藩/ 櫛羅陣屋

櫛羅藩の陣屋御殿玄関/九品寺↑
櫛羅藩陣屋の下方を通る名柄街道の町並
陣屋は岸野山頂だが火薬庫等、政庁は
岸野山の中腹に作られた。        ⇒
 櫛羅藩永井家菩提寺の功運寺と墓所 合葬 H17.11参詣。 同寺は、岐阜の加納藩永井家の菩提寺&墓所でもある。赤穂義士関連の吉良上野介、旗本奴との諍いで切腹した水野十郎左衛門の墓もある。
 ※一口メモ:櫛羅藩永井家:永井直勝が家康に仕え元和2年(1616)小幡で17千石、笠間、古河(72千石)と転封⇒寛永10年(1633)淀藩で10万石⇒宮津藩(延宝8年・1680年内藤忠勝に殺された)⇒弟の直圓が1万石で名跡を継いだ。
A幕末維新時の櫛羅藩:小大名の櫛羅藩は積極的な行動を取ることなく、鳥羽伏見の戦いの後恭順した。 
櫛羅藩/ 櫛羅陣屋 :大和(奈良)御所市櫛羅  永井家  譜代 10千石【菊間】子爵   櫛羅藩 櫛羅藩/ 櫛羅陣屋
 定府大名。  岸野山に櫛羅陣屋/道が閉ざされていた(実際の屋敷は麓)。 九品寺に櫛羅藩の陣屋御殿玄関。  久保家に長屋門。 領地における菩提寺は不動寺(墓所無)。 櫛羅藩永井家菩提寺の功運寺&藩主改葬墓/東京中野区。 
     ☆延宝8年(1680)、9代180余年在封。大部分の期間は新庄にあったが、幕末の文久3年(1863)8代直荘が櫛羅に陣屋を構築した
永井別家:摂津高槻藩36千石・美濃加納藩32千石              櫛羅藩探訪歴:平成9年12月探訪 / 同23年6月:高野山途次
櫛羅藩永井家菩提寺の不動寺(領地の菩提寺:墓所無し)