熊本藩:熊本城         【江戸の名残り香を訪ねての1番目探訪の城下町】     
熊本藩/熊本城:肥後(熊本)熊本市細川家 外様 540千石【大広間】侯爵         ☆細川忠利が1632年に熊本藩に入封し12代240余年在封
熊本城は加藤清正が築城の城郭が美しい城。 宇土櫓。 水前寺公園。 本妙寺と加藤清正。 熊本藩細川家廟所。 熊本藩
熊本藩探訪歴:昭和46年4月探訪/平成14年6月C/同26年8月更新 熊本藩の支藩:高瀬藩35千石・宇土藩30千石・下野茂木藩16千石

Back

※一口メモ
@熊本藩の加藤家は(熊本城を築城した初代加藤清正)二代忠広の時に城地没収され、庄内藩にお預けになった。
A熊本藩の藩主変遷:慶長5年(1600)加藤家(領地没収)⇒寛永9年(1632)細川家が小倉より54万石で熊本藩に入封。
B幕末維新時の熊本藩:維新時の熊本藩は親幕藩の様相だった(学校党・実学党・勤王派と複雑に分かれていた)。慶応4年の1月3日、京都藩邸に入った時点では佐幕派が優勢だったが、尾張藩が新政府軍につくとの意向聞かされ、直ちに恭順を示した。その後は各地に兵を出したが、戦後の功労として大藩の熊本藩は賞典金3千両を拝領したにすぎなかった。(熊本藩から1065名出兵し、20名戦死)。

熊本藩細川家廟所(北岡自然公園)H14.06参詣
          熊本藩、堅固さと美しさを兼ねた熊本城の石垣
熊本城に移築されたキリシタン大名小西行長造営の宇土櫓、熊本藩
桜に覆われた熊本城/熊本藩
熊本藩の本妙寺の清正公銅像
熊本藩の水前寺公園