九戸城-岩手
九戸城:岩手県二戸市城の内 九戸城探訪:2015.05
九戸城は国指定史跡。南部氏の一族である九戸氏が居城としていた城で、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉の最後の戦いの舞台となった城。その敷地面積は、東京ドームの10倍にあたる約34万m2。三方を川に囲まれた東北地方有数の規模を誇る城郭で、本丸の一部には石垣もあった。
 九戸光正が明応年間(1492~1501年)に築城し、九戸城を拠点に勢力を伸ばした。天正年間(1573~1591年)、九戸政実の代に九戸氏は絶頂期を迎えるが、宗家南部氏の後継者問題で当主の南部信直と対立し、抗争を繰り返した。 その後、奥州仕置を開始した秀吉は、これを九戸政実の反乱とみなし、徳川家康等6万余騎の軍勢を九戸氏討伐に差し向けた。九戸城には5000人が籠城して防戦し、陥落しなかった。その後、和議を受け入れた九戸城は開城。九戸政実は宮城県三迫で処刑され、籠城したものはことごとく処刑された。九戸城は南部信直に引き渡され、三戸城から移り福岡城と改めてた。1597年(慶長2)、盛岡城が完成して南部氏の本城となり福岡城は1636年(寛永13)に廃城、破却されている。
桜満開の九戸城 二の丸と本丸の内堀
追手門口/九戸城 本丸虎口/九戸城
九戸城Back九戸城