久能山城 
久能山城:静岡県静岡市駿河区根古屋   久能山城探訪:2009.07
久能山城の本格的な築城は武田信玄 である。永禄11年(1568)今川氏真を破り駿河を占領、久能山にあった久能寺を移して城郭に改造。 駿河湾一帯を押さえる要地として北条水軍の監視にあたった。江戸時代に入り、元和2年(1616)家康没後、遺言により久能山城を廃し、ここに埋葬され二代将軍家忠の命により久能山東照宮が造られ 現在に至る。東照宮の護りとして久能陣屋(旗本榊原家1800石)が置かれた。久能山城のあらまし
             久能山城の大手門(一の門)  武田信玄の軍師、山本勘介が掘った井戸とつたえられている
江戸時代からの久能山東照宮  久能山城からみた眺望
Back