倉賀野城
倉賀野城:群馬県高崎市倉賀野町5568番(現在、雁がね児童公園)  倉賀野城探訪歴:2013.04
倉賀野は中山道が通過する交通の要地で、倉賀野城は烏川左岸の丘上にあり、東西800m、南北400mを城域である。鎌倉時代に児玉党の秩父三郎高俊が倉賀野の地に館を構え、倉賀野氏を称した。倉賀野城は南北朝時代に倉賀野光行が館を改修し倉賀野城を築いた。戦国時代の倉賀野城(主)は戦国の強大名の越後上杉氏や小田原後北条氏、甲斐武田氏に翻弄された。
 本能寺の変の後、倉賀野(金井)秀景は小田原の北条氏に仕えた。天正18年(1590年)豊臣秀吉による小田原征伐が始まると秀影は倉賀野城を出て小田原城に篭城した。小田原は落城し、倉賀野城も降伏・開城し、その後は廃城となった。 
倉賀野秀景の墓所/永泉寺
烏川を望む倉賀野城(址)
永泉寺にある最後の倉賀野城主の墓(金井淡路守=倉賀野秀景)
Back