倉吉陣屋/荒尾氏陣屋
               倉吉陣屋跡の成徳小学校                      県指定銘木100選の陣屋椎の木/成徳小
倉吉陣屋/荒尾氏陣屋:鳥取県倉吉市:鳥取藩家老、倉吉荒尾家11千石が江戸期を通して治める。              
白壁の土蔵通りや昔懐かしい町並が残る陣屋町。       倉吉陣屋探訪歴:平成19年7月/同26年8月更新 
                連なる白壁の土蔵群、倉吉陣屋      倉吉陣屋                   懐かしい町並、倉吉陣屋
            倉吉陣屋領主、荒尾家菩提寺の満正寺                       初代から10代までの荒尾家領主の墓
里見忠義の墓 
里見忠義(1594-1622) 安房(千葉県)館山藩12万石城主、改易
  里見忠義は館山藩12万石の城主だったが、大久保忠隣<小田原藩65千石>の失脚事件に連座(忠隣の孫娘が忠義の夫人)して改易
  され倉吉に配流された。 忠義は1622年に病死。忠義が死去した時に、8人の側近が殉死し、八賢士と讃えられた。彼らが滝沢馬琴の
  「南総里見八犬伝」のモデルといわれている。
    里見忠義の菩提寺、大岳院/倉吉市 里見忠義の墓と8人の側近の墓
   江戸著名人の墓へ