黒羽藩:黒羽城(陣屋)
黒羽藩/黒羽城:下野(栃木)栃木県大田原市黒羽 大関家 外様18千石【柳間】子爵 ☆大関資増が1600年、黒羽藩の所領安堵され260余年在封
黒羽城移築門/大聖寺。黒羽藩大関家菩提寺の大雄寺。藩校作新館跡の黒羽小 移築武家門。雲厳寺 平成6年5月探訪、 同21年2月再訪B
芭蕉ゆかりの城下町 夏山に足駄を拝むかどでかな :芭蕉 黒羽藩 黒羽藩の土産は鮎の甘露煮
     黒羽城移築門/大聖寺、黒羽藩
黒羽藩の黒羽城址は実質は陣屋
黒羽藩に唯一残る武家屋敷門⇒
黒羽藩大関家菩提寺、墓所の大雄寺

黒羽城

※一口メモ
@黒羽藩は外様大名だったが、16名の藩主のうち9名が大阪城加番を務めた。15代藩主は陸軍奉行、若年寄を務めた。黒羽藩は国許では
西洋式兵制改革と新田改革を推進した。
A維新時の黒羽藩は藩主が幕府要職のため、佐幕的だったが、急死した。次の16代黒羽藩の藩主になり、恭順の意を表し、二本松城、会津若松城の攻略に出兵した。黒羽藩から417名出兵し、34名が戦死した。戦後の論功行賞で、黒羽藩は小藩としては破格の
賞典禄15千石を賜った。 
黒羽藩にある雲厳寺

平成6年5月探訪時/大ちゃん7才