黒井城(保月城)
山頂にある黒井城の曲輪石垣   
黒井城(址)と城址からの遠望
興禅寺:黒井城の下館(しもやかた)で合戦がない平時に住んだ場所。7軒堀、高い石垣、白壁が下舘の様子をよく残している。黒井城。
興禅寺山門の背後の山頂が黒井城  登城口はこの扉を開けて、30分で黒井城跡に      黒井城の登城の7合目あたり
黒井城(別名、保月城):兵庫県丹波市春日町 黒井城 黒井城探訪歴:2008.11探訪/2014.01
黒井城は標高356mにある戦国の山城で、1335年(建武2年)赤松貞範が築城。1579年(天正7年)信長の武将、明智光秀により黒井城は落城し、重臣の斉藤利三が黒井城をあずかる。光秀亡き後は、堀尾吉晴・川勝秀氏が黒井城の城主となるが、その後は黒井城は廃城となった。
旗本陣屋>
斉藤利三の娘で三代将軍家光の乳母、春日局の生誕地
 尚、江戸時代は直参旗本3,500石、川勝家の領地
Back
春日局(幼名はお福)の産湯の井戸 ↑