黒川藩:黒川陣屋
黒川藩/黒川陣屋:越後(新潟)胎内市 柳沢家・郡山藩分家 分家 10千石【帝鑑間】子爵       
 甲府藩の柳沢家が大和郡山に移封にさいして、甲府新田藩の柳沢経隆が1724年に越後黒川の地に黒川藩を立藩し8代140余年在封。 
定府大名。黒川小学校が黒川藩の陣屋跡。黒川藩柳沢家菩提寺の月桂寺/新宿H17.08参詣。 黒川藩探訪歴:平成14年10月探訪/同26年6月更新
黒川藩の陣屋跡は現黒川小学校
黒川藩柳沢家菩提寺の月桂寺と歴代藩主の墓所。宗藩の郡山藩、兄弟藩の三日市藩も月桂寺。
※一口メモ:@幕末維新時の黒川藩:黒川藩は奥羽越列藩同盟に加わったが新発田藩が同盟から抜けたので、すぐに新政府軍に帰順した。黒川藩か らの出兵記録は不明。 
A定府大名のため、黒川藩6代藩主の光被が嘉永6年(1853)に初めて藩主では入国した。
B急雲風をつげる、慶応元年(1865)に黒川藩7代藩主光昭の入国の時に、江戸詰の藩士70余名が黒川藩に入国し移り住んだ。