黒瀬城
Back
黒瀬城:愛媛県西予市宇和町卯之町   黒瀬城探訪歴:2012.09

黒瀬城の築城は不明だが16世紀後半に西園寺実充が築いたとされる。黒瀬城は元亀3年には大友氏に攻撃され、天正9年(1581)には長曽我部氏に城下を焼かれた。天正12年(1584)、西園寺氏は長曽我部元親に臣従している。天正13年(1585)の豊臣秀吉の四国征伐で西園寺公広は降伏し、在城を許されて九州征伐参加した。天正15年(1587)に戸田勝隆が伊予に移封されると公広は下城して隠棲したが、同年に勝隆により謀殺された。その後、岩城少右衛門が城代として黒瀬城に入城した。(戸田家は嗣子なく断絶した)。黒瀬城。

卯之町の風景
光教寺:黒瀬城主、西園寺氏の菩提寺である。
黒瀬城のある山を遠望
一の郭、本丸跡/黒瀬城
3の丸から2の丸へ/黒瀬城
黒瀬城登城口は「宇和体育館」横のプール裏から登り20分だった。
土塁の標示と水溜池の標示/黒瀬城
黒瀬城登城道に有るあずまや
江戸時代の卯之町は宿場町・門前町で栄えた。江戸時代、宇和町は宇和島藩随一の米どころとして有名だった。宇和町の中心地であった卯之町は、大洲と宇和島を結ぶ宇和島街道の宿場町、四国霊場四十三番札所である明石寺の門前町の機能を併せ持った、周辺の物資が集まる在郷町として発展してきた。 保存地区は、東西に走る旧宇和島街道に沿って発展した中町、新地、下町、横町、大念寺(小字)から構成され、大小の商家、宿屋、住宅、寺院などが混在し、特に中町には、江戸末期から明治初期の建物がよく残っている。