久留米藩:久留米城
久留米藩/久留米城:筑後(福岡)久留米市 有馬家 外様 210千石【大広間】伯爵  ☆有馬豊氏が1621年に久留米藩に入封し11代240余年在封
久留米藩有馬家菩提寺の梅林寺(屈指のお寺と廟所)   水天宮(全国水天宮の総本宮)  久留米藩
久留米藩探訪:昭和50年5月帰省途中/H18.04再訪B/同26年6月更新 久留米藩の支藩:下野吹上藩10千石
                                  久留米藩の桜満開の久留米城 
久留米藩有馬家菩提寺の梅林寺と歴代藩主廟所(五棟)は圧巻

Back

※一口メモ:@久留米藩の藩主変遷:慶長5年(1600)関ヶ原の戦い後、毛利秀包(毛利元就の子)除封⇒田中家の領地(無嗣絶家)⇒元和7年(1621)、有馬家が福知山から久留米藩に13万石加増の21万石で入封した。
A幕末維新時の久留米藩:久留米藩は大政奉還後、新政府に恭順し、関東・仙台・函館戦に出兵した(久留米藩から1125名出兵し、16名戦死した)。戦後、その功に報い、久留米藩は
賞典禄15千石を賜った。
B久留米藩の真木和泉(1813ー1864)は幕末の尊王愛国指導者である。水天宮神職の家に生れ、学問に励み、武道、音楽にも長じ、久留米藩の藩校明善堂から表彰をうけた。長じては水戸学を中心に学識を深め、しかも身をもって実践した。藩政改革を企てて成らず、一時蟄居したが、後に脱出して東奔西走、国事に盡し諸国の志士から「今楠公」と呼ばれ、その中心的指導者と仰がれた。
 真木和泉は蘭方医
工藤謙同と親しく、外国の事情にも通じ久留米の医学刷新に盡し、久留米藩医学館の生みの親といわれる。また早くから薩長連合を唱えたが、時至らず、長州藩と共に倒幕の軍を起こし禁門の変に敗れ、同志16人と天王山に登り自刃した

水天宮

水天宮