久留里藩:久留里城
久留里藩/久留里城: 上総(千葉)君津市久留里 黒田家 譜代 30千石【雁間】 子爵 久留里藩探訪: 昭和61年8月/平成24年12月再訪C
雨城の名水  久留里城下の真勝寺に久留里藩最後の藩主直養公墓  
 久留里藩黒田家は筑前の大藩、福岡藩黒田家とは無縁で本姓は中山氏(茨城松岡藩中山家)で武蔵丹党の出である。 従って、久留里藩の歴代藩主の菩提寺&墓所は能仁寺/飯能にある。⇒H17.12参詣          ☆黒田直純が1742年に久留里藩に入封し9代126年在封留里藩
久留里城の二の丸から本丸への道筋にある。江戸時代には藩士の結婚式の際に新郎新婦がこの水を飲み夫婦の誓いをかわしたと言う。
久留里藩の城下には名水汲み場が沢山ある
久留里城下の真勝寺には久留里藩最後の藩主墓がある。
昭和61年の久留里城探訪は、大ちゃんと、久留里藩

※一口メモ
@久留里藩の藩主変遷: 大須賀家→土屋家→廃藩(60年間)→1742年黒田家が沼田から久留里藩に入封し藩主家が定着。
A幕末維新時の久留里藩:
維新時の久留里藩は混乱なく恭順を決めたが、旧幕府軍の撤兵隊に食糧を与えたことが、問題にされたが、最終的には不 問にふされた(久留里藩からの出兵は230名)。

久留里藩黒田家歴代の藩主、家族の墓所は能仁寺/飯能市にある。H17.12参詣