櫛崎城 
櫛崎城:山口県下関市長府外浦町                 櫛崎探訪歴:1973年//2013.11再訪伊作35会の旅
櫛崎城は戦国時代には大内義隆の重臣、内藤隆春が城主。慶長5年(1600)関ヶ原の戦い後に毛利輝元は周防・長門の2国に減封となり、萩城を居城とした。輝元の養子であった毛利秀元は6万石を分地され櫛崎城を居城とし長府藩が成立したが元和元年(1615)の一国一城により櫛崎城は廃城となった。 江戸期の長府藩は現在の豊浦高校の敷地になっている。    
 櫛崎城の石碑  江戸期の石垣/櫛崎城
櫛崎城の江戸期からの石垣 
                                     櫛崎城天守台を模した展望所
Back