桑名藩:桑名城

※一口メモ
@桑名藩の藩主変遷  本多家→松平家(久松)→松平家(奥平)→1823年白河から松平家(久松)が桑名藩に再封し藩主家が定着

A幕末維新時の桑名藩:幕末の桑名藩の藩主、定敬は養子で、尾張藩主徳川慶勝や会津藩主松平容保の実弟である。桑名藩は鳥羽伏見の戦いで敗れ、藩主は佐幕派の藩士を引き連れ、その後も江戸、柏崎、会津、函館と転戦したが、利あらず。家老に連れ戻され、新政府軍の尾張藩邸に出頭した。国許伊勢の桑名藩は征討軍に陳情し、11歳の若君を主君に戴き、恭順の意を表した。戦後、桑名藩は5万石減封され、6万石となった。  

海造寺:薩摩藩士の墓所: 薩摩藩は幕府の命により木曽川改
 修に着手。藩士947人と40万両の巨費を投入。 33人の病死者
 と60余人の自刃をだした。
桑名藩、桑名城/石垣は四日市港埋立に使用したという。
桑名藩松平家菩提寺の照源寺&藩主墓所は圧巻
桑名藩で有名なのは「寛政の改革」を行なった松平定信(当時白河藩主)。
  重農主義、厳しい倹約令等々で失脚。
「白河の清きに魚のすみかねて、もとの濁りの田沼(田沼意次)こいしき」とうたわれた。 霊厳寺(東京江東区白河)にある定信の廟所  2006.03参詣
桑名藩/桑名城:伊勢(三重)桑名市 久松松平家・松山藩分家 家門 110千石【溜間】子爵 ☆松平定永が1823年に桑名藩に入封し5代45年在封 
桑名藩久松家菩提寺の照源寺。 薩摩義士眠る海造寺。  桑名藩探訪歴:平成6年3月探訪/同16年12月再訪B,/同26年6月更新
転勤族の家門大名:山川藩→下妻藩→掛川藩→淀藩→高田藩→白河藩→1823年から桑名藩へ

桑名藩