前橋藩:前橋城
前橋藩/前橋城: 上野(群馬)前橋市 松平家越前分家 家門170千石【大広間】伯爵      前橋城下にある譜代大名菩提寺&墓所
慶応2年に川越城から前橋城へ。 前橋城址は現県庁        龍海院:姫路藩主酒井家16代の墓所
上泉郷蔵。 前橋藩松平家菩提寺の喜多院&墓所/川越        光厳寺:館林藩主秋元家の歴代墓所
前橋藩探訪歴:昭和60年5月探訪/平成17年12再訪 B/同26年8月更新  前橋藩            ↑立派な菩提寺&墓所

※一口メモ
@前橋藩の藩主変遷:平岩家⇒慶長6年(1601)酒井家入封⇒寛延2年(1749年)に姫路から松平朝矩が前橋藩に入封した。しかし利根川の氾濫で前  橋城が壊れたので、19年後に前橋藩はその居城を川越に移した。川越に約100年在城したが幕末の慶応2年(1866年)に前橋に戻った。
A幕末維新時の前橋藩:前橋藩は幕府から上総富津陣屋の警備を命じられていた。一時旧幕府遊撃隊などに占拠されたが新政府軍や前橋藩から急 派された部隊により撃退した。東征軍総督に恭順の意を表し、前橋藩は上野国の鎮撫使に命じられ、三国峠に進出してきた会津軍と戦火を交えた
 (前橋藩からは640名が出兵した。死者ゼロ)。

上泉郷蔵:上泉城本丸跡   前橋藩が天災、飢饉のため穀物を蓄えた蔵
県庁前庭に建つ前橋城碑/前橋藩
前橋藩松平家菩提寺の川越喜多院。 前橋藩の藩主、5人の墓