前沢要害/前沢城
前沢要害/前沢城:岩手県奥州市前沢区  伊達一門三沢氏3000石     前沢城 前沢要害            前沢要害探訪歴:2010.05
前沢の地は、1590年の豊臣秀吉の奥州仕分により葛西氏が滅び、仙台藩伊達領となった。 伊達氏は戦国時代の前沢城の麓に居館を設けた。大内氏⇒成田氏⇒飯坂氏⇒1677年、伊達氏一門の三沢宗直が前沢要害に入領し(3000石)、明治維新まで190年余り統治した。
前沢要害の居館の表門/前沢小学校校門 江戸時代の前沢要害跡(居館)の前沢小学校
       前沢要害、戦国時代の前沢城跡/お物見公園        (前沢要害)前沢城あとから城下町を望む
 前沢の町/前沢要害             前沢要害の城下、太幸邸