真壁城 
真壁城:茨城県桜川市真壁町古城377(真壁第一体育館)       真壁城探訪:2013.09
真壁城は平城で国指定史跡。 真壁城の築城は承安2年(1172)、真壁長幹と伝えられている。それ以来、戦国の末期まで真壁氏が居城していた。小田原北条氏と佐竹氏の狭間で揺れ動いたが最終的には佐竹氏に属した。関ヶ原の戦い後、慶長7年(1602)に佐竹氏の秋田に転封に従い、真壁氏も秋田に移った。慶長11年(1606)浅野長政が入封、元和8年(1622)に浅野氏は笠間城を居城としたので真壁城は廃城となった。以後笠間藩領となる。    
真壁城の移築城門は雨引観音。真壁氏の塁代墓40基がある。
 
真壁城の石碑 真壁城の移築門/雨引観音の山門
真壁城本丸跡/体育館広場  真壁城配置図
 
土塁と川の郭中城 
 
国指定史跡になったが、発掘調査はいつまで続くのだろう?  土塁が累々と続く
 
真壁城主の塁代墓/遍照院 江戸時代の笠間藩領時代の豪農山中家の長屋門
 真壁の町/真壁は笠間藩領となり江戸時代は笠間藩の陣屋町として栄えたので古い家屋が多数散見される。 
Back