丸亀藩/丸亀城
※一口メモ
@丸亀藩の藩主変遷:山崎家(3代で無嗣断絶)⇒1658年、竜野から京極家が6万石で丸亀藩に入封、後に多度津藩として1万石分封。

A幕末維新時の丸亀藩:維新時の丸亀藩は朝敵と目された高松藩の征討に出兵した(丸亀藩からの出兵人数不明)。
B丸亀藩京極家とは:凋落した京極家は、京極高次が8歳で織田家の人質となり、信長に仕えてた。天正10年(1582)、本能寺の変で信長が明智光秀に討たれると高次は、京極家再興を願い、光秀について羽柴秀吉の長浜城を攻めた。そのため秀吉と敵対したが、後になって姉の龍子(松の丸)が秀吉の側室となることで許された。以後、秀吉に仕え、近江高島1万石の大溝城主、近江八幡2万8000石、大津6万石の城主へと出世した。  慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、はじめは石田三成らの西軍に加わわるが、徳川家康率いる東軍に味方し、居城の大津城で籠城戦を行った。戦いに敗れ開城したが、1万5000人の西軍を大津で引き止め、関ヶ原での本戦に参戦させなかった戦功が高く評価され、家康から若狭小浜8万5000石を与えられた。そして慶長14年(1609年)、小浜で47歳の生涯を終えた。(高次の妻は小谷城主浅井長政の次女、初。姉は淀殿、妹はお江)。
  高次の跡を継いだ忠高の時代に、出雲)松江26万石へ国替えとなったが忠高は3年で死亡した。忠高には男子がなく、京極家は無嗣絶家となる危機に陥ったが、幕府は高次の戦功と忠高の幕府への忠孝を評価して、甥の高和に跡を継がせた。ただし出雲松江は没収され、播磨龍野6万石へ国替えさせられた。万治元年(1658年)、高和は龍野から丸亀藩へ移り、初代京極丸亀藩主となった。
                                   <幕末275藩  <現存天守閣12城
丸亀藩丸亀城大手門、多聞櫓へ

江戸時代現存の
丸亀城天守閣

、丸亀藩

丸亀藩/丸亀城: 讃岐(香川)丸亀市 京極家 外様 51千石【柳間】子爵         ☆京極高和が1658年に丸亀藩に入封し7代210年在封
江戸現存丸亀城天守閣 大手門 御殿表門 「扇の勾配」の曲線石垣 中津万象園 金比羅さん  丸亀藩京極家菩提寺は滋賀県米原市清滝寺
昭和49年9月探訪/同19年12月再訪B/同26年6月更新     丸亀藩の支藩:讃岐多度津藩10千石、但馬豊岡藩15千石 丹後峯山藩11千石
平成19年の再訪は、88ケ所の札所巡りも。    75番札所:善通寺  76番札所:金倉寺  81番札所:白峯寺/早朝参詣
丸亀藩京極家菩提寺の清滝寺/滋賀県米原市 2007.03参詣 圧巻
金比羅さんに寄る/石段、丸亀藩
丸亀藩、中津万象園:2代藩主築庭
丸亀藩の八番丁、九番丁の武家屋敷街の名残
丸亀藩の丸亀城の扇の勾配の石垣
江戸時代の現存丸亀城天守閣、丸亀藩
丸亀藩の丸亀城御殿表門