丸岡藩:丸岡城
丸岡藩/丸岡城:  越前(福井)坂井市丸岡町 有馬家 譜代 50千石【帝鑑間】子爵   ☆有馬清重純が1695年に丸岡藩に入封し8代170余年在封
丸岡藩、丸岡城は2層3階の石瓦葺き天守閣 丸岡藩有馬家菩提寺の高岳寺  称念寺の新田義貞の墓  丸亀藩
一筆啓上火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ・・本多作左衛門 丸岡藩 丸岡藩探訪:昭和62年4月探訪/平成17年11月再訪C/同26年6月更新 
新田義貞の称念寺 丸岡藩旧主、本多家4代の墓所の本光院:本多家は無嗣断絶になった
義貞公廟所 義貞公の墓
新田義貞:(1301−1338 群馬県大田市生まれ) 1333年、足利尊氏の京都六波羅攻略に呼応し、鎌倉に攻め入り、鎌倉幕府執権の北条高時を討ち鎌倉幕府は滅亡した。その後、足利尊氏との関係が拗れ、戦いを繰り返すが、利あらず戦死した。
本多作左衛門⇒成重1613年丸岡藩主⇒長男系 重能2代藩主、3代重昭、4代重益が1695年除封 後に許されて2千石の旗本
                        ⇒次男系 重看は坂井郡、吉田郡、南条郡等32百石の旗本
                        ⇒三男系 重良は常陸国で3千石の旗本
               <幕末275藩    <江戸時代現存天守閣   有名人の墓へ>
※一口メモ:
@丸岡藩は慶長18年(1613年)越前松平家の付家老として、本多成重が丸岡に封じれれて成立した。成重は本多作左衛門の子で、幼名は仙千代といい、短文で有名な手紙「一筆啓上火の用心、お仙泣かすな馬肥やせ」のお仙である。
A幕末維新時の丸岡藩:丸岡藩の藩主は鳥羽伏見の戦いの時は、江戸にいたが、人質や弾丸を新政府軍に供した。北陸道鎮撫使の指揮下に入り、新政府軍として従事した(丸岡藩からの出兵は160名)。
江戸時代現存の丸岡城天守閣
 ↑昭和62年丸岡城探訪時の大ちゃん
丸岡藩有馬家菩提寺の高岳寺と墓所