松江藩:松江城
松江藩/松江城:出雲(島根)松江市 松平家・福井藩分家 家門 186千石【大広間】伯爵 ☆松平直政が1638年に松江藩に入封し10代230年在封
 松江藩の江戸時代現存天守閣。松江藩武家屋敷街。松江藩小泉八雲旧宅。明々庵。   松江藩松平家菩提寺の月照寺廟所。 遊覧舟。
昭和54年7月探訪/平成9年夏/同19年7月B/25年12月C足立美術館立寄り 松江藩の支藩:広瀬藩30千石・母里藩10千石
※一口メモ
@松江藩の藩主変遷: 堀尾家(絶家)→京極家(除封)→1638年松本から松平家が松江藩に入封し藩主家が定着。
A幕末維新時の松江藩:維新時の松江藩は佐幕派が大勢であったが、大政奉還後勤王に決した。しかし、色々と行き違いが重なり、その態度が新政  府に睨まれたが、何とか切り抜けた(松江藩は
8万両の大金を献金し、400名が出兵した)。その後、東北の戦線に参加したが、軍艦一艘が能登沖で  沈没したり、とことんついていない松江藩であった。      
                              <幕末275藩              <現存天守閣12城
松江藩の明々庵/松江藩7代藩主の治郷=不味公好みの茶室/抹茶を頂く
松江藩松平家菩提寺の月照寺、廟所は圧巻
江戸時代の現存松江城天守閣/出雲領主の堀尾吉春が1611年から5年かけて完成した。松江藩
松江藩の武家屋敷の一角にある旧小泉八雲邸
松江藩の城下、武家屋敷街
平成25年の再訪は舟でノンビリとお堀を下る。(石見銀山途次)。