松前藩:日本最北の城、松前城
松前藩 /松前城 :蝦夷(北海道)松前 松前家 外様 30千石【柳間】子爵    松前藩                           小さな城下町
 松前城本丸御門 寺町 法憧寺/松前藩松前家菩提寺  1604年から15代260余年在封、但し10代章広の時代(22年間)は陸奥梁川移封
 松前藩(松前城)探訪歴: 平成9年9月の松前藩の探訪はバス1時間半、大雨/ 同14年5月再訪は函館・江差観光も(女房殿と)/同26.年8月更新
函館の旅(函館から松前城址、そして江差へ:平成14年5月

※一口メモ
@外様小大名の松前藩で特筆は、13代藩主崇広である。幕末とはいえ寺社奉行、老中格、海軍総奉行任ぜられた。
A幕末維新時の松前藩:1868年、松前藩の藩主、徳広は京にて新政府軍に恭順したが、国許の松前藩ではでは奥羽列藩同盟に家老を派遣すると去就に迷っていた。しかし勤王派が主流を占めるようになった。旧幕府軍の榎本武揚等との函館戦争で敗れ青森に避難した。松前藩から168名出兵し91名戦死した。戦後、松前藩は賞典禄として2万石を賜った。

松前藩松前家菩提寺の法憧寺

<小さな城下町

<幕末275藩

松前藩、  松前城本丸玄関
松前藩の寺町界隈にて
最北の城址、松前城は快晴/松前藩