松岡藩:松岡城
松岡藩/松岡城: 常陸(茨城)高萩市下手綱(現、松岡小学校) 中山家 譜代 25千石【無席】男爵         水戸藩付家老
  松岡藩は慶応4年(明治元年)水戸藩から立藩。.  松岡藩の江戸時代の藩庁は現松岡小学校。 武家屋敷通り。  江戸期現存の土蔵。 
  松岡藩中山家菩提寺の智観寺(飯能市H16.11参詣)
 
 松岡藩探訪歴:平成8年5月探訪/12年7月A/24年3月仙台藩の諸要害探訪の帰途再訪B  松岡藩
松岡藩中山家菩提寺の智観寺と藩主一族の墓H16.11参詣  飯能市
松岡藩の稲積家住宅:豪農の住宅で、寛政元年(1789)建造⇒
松岡藩、武家屋敷通り
※一口メモ
@江戸時代を通して、御三家付家老の尾張の今尾家・成瀬家、紀伊の安藤家・水野家、水戸の中山家の5家は立藩の運動をしてきたが認められなかった。 ようやく慶応4年に朝廷から諸侯に列せられ松岡藩が成立した。

A幕末維新時の松岡藩:最初で最後の松岡藩の藩主、信徴は宗藩である水戸藩内の混乱を処置するのに忙しく、奥羽戦には参戦できなかった。そのかわり、松岡藩は新政府軍の軍艦の燃料として、石炭6千俵を献上した。
B松岡藩中山家とは:天正18年(1580)、豊臣秀吉の小田原征伐が開始された。八王子城主北条氏照は兵4千を率いて小田原本城に籠城した。一方、城主不在の八王子城は中山家範らが守備についていた。家範らはよく防戦し奮戦したが、八王子城は半日の戦いで落城した。中山家範らは城を枕に討死し、妻子一族も戦死あるいは自害した。 家範の子照守も北条氏照に仕えていたが、小田原落城後、世を隠れて閑居した。ところが、八王子城における家範の忠死を感じていた家康に召し出され、弟信吉とともに徳川氏に仕えることになった。
 
照守は、大坂の陣には御使番を務めた。そして、累禄して35百石の知行に至った。子孫は旗本中山氏として続いた。
 一方、弟の
信吉の方は、慶長12年(1607)、家康の命を受けて水戸頼房の付家老となり、常陸松岡に25千石を領した。慶応4年、松岡藩として立藩した。
松岡藩の武家屋敷門が数基残る
松岡藩の土蔵
松岡藩の藩庁跡の小学校