松代藩:松代城
松代藩/松代城:信濃(長野)長野市松代町 真田家 譜代 100千石【帝鑑間】伯爵   ☆真田信之が1622年に松代藩に入封し、10代240余年在封
  松代藩の藩校文武学校。 松代藩真田藩邸。 武家屋敷横田家。 佐久間象山と日本電信発祥の地。 象山地下壕(第2次対戦)。 川中島古戦場。
  松代藩真田家菩提寺の長国寺
 松代藩
松代藩探訪歴: 昭和60年9月探訪/平成16年秋再訪は日暮し庵で昼食/同26年6月更新 松代藩
松代藩の藩校文武学校 松代藩真田藩邸
松代藩の武家屋敷にて 佐久間象山を祭る象山神社、松代藩
    松代藩の城下にある日本電信発祥の地            第2次世界大戦の象山地下壕(見る価値大) 松代藩
松代藩真田家菩提寺の長国寺とお霊屋
※一口メモ:@真田家の発祥の地は上田市郊外の真田町。関ヶ原の戦いで真田昌幸と二男の幸村は西軍につき、長男の信之が徳川方についた。松代藩の藩祖、信之の妻は本多平八郎の娘である。  
A松代藩の藩主変遷:森家→松平家→松平家(越前)→酒井家→1622年真田家が上田から松代藩に入封し藩主家が定着した。

B幕末維新時の松代藩:松代藩(最後の藩主、幸民(17才)は宇和島藩伊達宗城の子息)は信濃の他藩にさきがけて新政府に恭順し、北越や会津戦に多くの兵を出兵させた(松代藩から3271名出兵し、52名戦死)。その軍功に鑑み、松代藩は3万石という最大級の賞典禄を賜った。
(平成23年3月11日東日本大震災の安寧祈願で高野山へ、その途次参詣H23.05.21)

<有名人の墓

<小さな城下町

<幕末275藩

高野山に蟄居(ちっきょ)を命じられ、信州より、紀州へとやってきました。高野山での生活は寒く大変だったため、麓の九度山町で生活したのではないかと言われている。真田昌幸は、この九度山町にて亡くなり、息子である幸村は、父の供養のために、森の中に宝篋印塔を建てました。その後、大安上人がこの森に来たとき、本尊がここに善名称院(真田庵)を建てよと言われ、大安は松の木だけを残してお寺を建てた。
善名称院、真田庵とも呼ばれ、真田幸村父子の屋敷跡に建てられたお寺。本尊に延命子安地蔵菩薩を祀る。春にはボタンが咲き乱れ、真田まつりでは武者行列のゴール地点として、賑わいをみせている。
真田昌幸の墓
  真田昌幸・幸村親子と九度山(和歌山県九度山町)