出羽松山藩:松山城
※一口メモ:
@出羽松山藩の藩主変遷: 酒井忠恒が正保4年(1647年)に兄の庄内藩主から新田の分地受け出羽松山藩を立藩した。8代221年在封
A幕末維新時の出羽松山藩:維新時の出羽松山藩は奥羽列藩同盟に参加し、新政府軍と戦った。敗戦後の出羽松山藩は
25百石減封された。
B新政府軍の命で解城となった出羽松山藩の城址で唯一残ったのが大手門だけであった(町民の願いで残すことを許したという)。
出羽松山藩菩提寺の光照寺:新宿区袋町  8人の藩主のうち、7人が眠る(藩主のほかに正室、側室、子女等も) 2007.04参詣
酒井家廟所/出羽松山藩二代藩主忠予
出羽松山藩酒井家菩提寺の心光寺
出羽松山藩の刑場にあった首切地蔵
総光寺 出羽松山藩
出羽松山藩の町並みの風景
出羽松山城大手門、出羽松山藩
出羽松山城本丸の土手 出羽松山藩
出羽松山藩/松山城:出羽(山形)酒田市新屋敷 酒井家・庄内藩分家 譜代 25千石【帝鑑間】子爵 
出羽松山藩の松山城大手門。 出羽松山藩酒井家菩提寺の心光寺。 総光寺。 江戸の出羽松山藩酒井家菩提寺の光照寺/新宿区袋町。  
出羽松山藩探訪歴:平成10年4月探訪(酒田から山寺行きバス50分)/同20年8月再訪/同26年1月更新 
鶴岡から松山への途次の景色