松山藩:松山城
松山藩/松山城:伊予(愛媛)松山市 久松松平家 家門 150千石【溜間】伯爵     ☆松平定行が1635年に松山藩に入封し15代230余年在封
松山藩の藩校明教館/松山東高校。二の丸庭園。 二の丸内の大井戸。松山藩松平家菩提寺の常信寺/初代定行公墓 。松山藩松平家菩提寺の大林寺/2・3・.4藩主。道後温泉本館。子規堂。萬翠園。51番札所石手寺。 江戸の松山藩松平家菩提寺の済海寺/港区2005.01
松山藩の支藩:今治藩35千石・桑名藩110千石・下総多古13千石  伊予松山藩探訪:昭和49年9月探訪/会社慰安会A/平成10年/同24年9月再訪
道後温泉本館には2回目の会社慰安旅行会で入浴
  林泉庭/松山藩
二の丸御殿庭園
大林寺の2・3・4代藩主の改葬墓
松山城:左から・南隅櫓・小天守・大天守
一ノ門を通り/松山城  
※一口メモ
@松山城は二つの山からなる雄大な城郭である。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの戦功で加藤嘉明(賤ヶ岳の合戦において七本槍の一人)が松山藩に20万石で入封した。嘉明は同7年に道後平野の中枢部にある勝山に城郭を築くため、工事に着手し、翌8年(1603)に嘉明は居を新城下に移し、初めて松山という名称が公にされました。その後も工事は継続され、寛永4年(1627)にようやく松山城は完成した。しかし嘉明は寛永4年(1627)に会津へ転封された。 明治になり正岡子規が「
春やいま、15万石の城下かな」と俳句に詠んでいる。松山藩は江戸時代から文運の盛んなところだったが、明治に入って正岡子規が現われてから、多くの俳人を輩出した。
A松山藩の藩主変遷:慶長5年(1600)加藤家入封⇒寛永4年、蒲生家、後に無嗣断絶⇒寛永12年(1635)桑名から松平家が15万石で松山藩に入封。B幕末維新時の松山藩:老中の松平定昭(22才)は大政奉還の4日後、辞職して江戸から大阪に移った。鳥羽伏見の戦いでは梅田方面の警備をしただけで、上京せず松山藩に帰国したことから、朝敵とみなされた。定昭は松山城を出て寺に入り恭順、土佐藩等の友好的占領により、恭順が認められた。しかし、松山藩は
15万両という巨額の献金と官軍としての出兵を条件として許された。

                        <幕末275藩      <現存天守閣12城      <大名庭園
 
松山城二の丸御殿跡の全景
勝山亭
  子規堂と51番札所の石手寺、松山藩
松山藩米蔵
松山藩、松山城二の丸にある大井戸//大変珍しい
        松山藩、松山城の乾門と乾櫓
   松山藩、松山城野原櫓
    松山藩、松山城の良門東続櫓
         松山藩、松山城の太鼓櫓
松山藩、松山城の天神櫓
松山藩、松山城南隅櫓
松山城筋鉄門を潜って天守閣へ
二の門を潜り                  三の門を通り
いざ!天守閣へ   
松山藩松平家菩提寺の常信寺の初代藩主廟所
5代以降の藩主は済海寺/東京三田が菩提寺&墓所
松山藩、
松山藩、江戸時代の現存松山城天守閣(右)と小天守閣(左)
松山藩の藩校明教館