備中松山藩:備中松山城
備中松山藩(松山城):備中(岡山県高梁市)板倉家 譜代 50千石【雁間】 子爵  
現存天守閣・二重櫓。頼久寺の小堀遠州庭園。領地菩提寺の安正寺。山中鹿之助墓
  備中松山藩板倉家の菩提寺は長円寺/西尾市 備中松山藩
備中松山藩探訪歴:昭和54年7月/ H9.6再訪/H17.9和田さん宅訪問B/H25.05再訪:上月
※一口メモ
@備中松山藩の藩主変遷  池田家(無嗣絶家)→水谷家(無嗣除封)→安藤家→石川家→1744年、板倉勝澄が伊勢亀山から備中松山藩に入封し藩 主家が定着した。
A幕末維新時の備中松山藩:備中松山藩7代勝静(桑名藩からの養子・老中)が奥羽越列藩同盟の公議府総裁となり、函館戦まで転戦した。藩では函館 の勝静を連れ戻し、江戸吉祥寺で謹慎させた。後に分家の安中藩にお預けとなった。戦後の懲罰として、備中松山藩は3万石減封され2万石となった。
B備中松山城とは1240年、秋葉重信が備中有漢郷の地頭となりなり大松山に最初の城を築いた。1331年頃、高梁宗康が小松山まで城を拡張した。備中松山城の城主は時代と共に上野氏、庄氏、三村氏と変遷する。戦国時代、三村元親の時代には大松山・小松山を範囲とする一大城塞となった(備中松山城は海抜430m)。天正2年(1574)、三村元親は毛利氏から織田氏に寝返った。翌年にかけて、三村氏と毛利氏の争いが続いた。備中松山城は毛利方の小早川隆景により落され、元親は自害した。毛利氏の領有となった。

                                           <幕末275藩               <現存天守閣
備中松山藩板倉家菩提寺の安正寺と墓碑 /藩主墓は長円寺
備中松山藩城下にある頼久寺にて
備中松山藩の商家町並み 平成25年
備中松山藩の武家屋敷通り
3大山城:美濃岩村城・大和高取城・備中松山城
備中松山城から城下町を望む
江戸時代現存の備中松山城天守閣
       
       
             

       
 
          
山中鹿之助墓 H17.09参詣


  中国地方11ケ国を領有した尼子家勇士。毛利家にほ
  んろうされた尼子家再興を願い各地で奮戦。 捕らわ
  れて、護送の途中、ここ備中高梁川で斬殺された。
  享年34才。

備中松山城の高石垣

 備中松山藩の支藩:上野安中藩30千石・陸奥福島藩30千石・備中庭瀬20千石

                            備中松山藩板倉家の菩提寺は板倉家一族の長円寺にある。
板倉家一族の菩提寺、長円寺/
愛知県西尾市。 藩祖の勝重・重宗の廟所と歴代藩主の墓/2006.09参詣・2010.9A深溝陣屋探訪途次