大和松山陣屋/織田家
大和松山陣屋/宇陀松山藩:奈良県宇陀市大宇陀区下茶  織田家30000石   :: 大和松山陣屋探訪歴:2011.6高野山/2016.4吉野桜再訪A
松山城西口門  徳源寺跡/織田家4代の菩提寺   ☆松山陣屋は織田家減封で柏原藩へ。その後は天領(宇陀千軒と呼ばれる繁栄を誇る町人町)
慶長5年(1600年)関ヶ原の戦い後、福島正則の弟、孝治が松山城に入封、元和元年(1615年)改易となり松山城は破却された。その後に織田信雄(信長の次男)が入封し、麓に大和松山陣屋を設けた。信雄-高長-長頼-信武と続き信武が家来2名を惨殺し自害した。元禄8年(1695年)、子の信休は家督相続は認められたが2万石に減封され柏原へ移封となる。その後宇陀は天領となり栄えた。
Back
宇陀千軒といわれた宇陀の町並  /大和松山陣屋
大和松山陣屋の4代藩主の菩提寺、徳源寺跡と墓石
 松山城西口門 (大和松山陣屋門) 松山陣屋
宇陀地区には後藤又兵衛屋敷跡の又兵衛桜も有名/満開だった