松山城 三ノ曲輪空堀  
   
 二ノ曲輪空堀  
   
                松山城 本曲輪空堀                  松山城 本曲輪
   
本曲輪に建つ松山城石碑   松山城から城下を望む
 
                 松山城配置図  
松山城(丘城)を望む(百穴駐車場から)  吉見百穴(古墳時代の墓穴で国指定史跡) 岩室観音:ここからも松山城は登城できる 
登城口は上記写真の右側方向に道路に沿っていくとある。 
松山城:武蔵 
松山城/武蔵:埼玉県比企郡吉見町大字南吉見字城山  松山城探訪: 2013.08
 ☆松山城は梯郭式平山城で国指定史跡。☆松山城は応永6年(1399年)、上田友直が本格的に築城されたとされる。天文6年(1537年)、川越城を落とした北条氏綱は上田正広の籠る松山城を攻撃したが落とすことができなかった。 その後、北条氏康の夜襲により松山城も奪われてしまった。しかし、上田朝直は岩槻城主の太田資正の助勢を得て松山城を奪還した。この時、本丸は太田資正の家臣広沢尾張守、二の丸には朝直が入った。 再度の北条氏の松山城を攻めで、朝直は北条方へと寝返った。永禄4年(1561年)上杉政虎が大軍を率いて攻め攻略し太田資正に預けた。 しかし翌永禄5年(1562年)北条氏が侵攻、甲斐武田氏にも援軍を求め大軍で押し寄せた。 松山城を完全包囲で兵糧攻めし、なんとかこれを落とし再び上田朝直の居城となった。天正18年(1590年)豊臣秀吉による小田原征伐では前田利家、上杉景勝等の大軍に囲まれ落城した。徳川家康が関東に入部すると、(桜井)松平家広が一万石で入封するが、慶長6年(1601年)松平忠頼の時、浜松に転封となり、以後松山城は廃城となった。
Back