松山要害/千石城
松山要害:宮城県大崎市松山  松山要害  松山要害探訪歴: 2012.04
茂庭氏13千石(伊達氏一族)。松山要害(上野舘)の跡は現松山高校。松山要害領主菩提寺の石雲寺と御霊屋。松山の町並。
千石城は応永8年(1401)頃、遠藤盛遠が築城した(伝)。戦国時代、松山は大崎氏、葛西氏、伊達氏の領内と接していた為、戦略的にも重要視され、遠藤氏は伊達氏に組するようになる。その後、伊達氏の一族に列せられ重要地である松山を預かる。大崎氏と伊達氏の確執は激化し、千石城はたびたび前進基地として利用され、「大崎合戦」時には一万数千人の将兵が集結した。奥州仕置きの後、千石城には重臣の石川氏入封。慶長8年(1603)に茂庭良元入封。元和元年(1615)の「一国一城令」で千石城は廃城。三の丸を政庁とした。明暦3年(1657)に茂庭定元が向かい側の丘に松山要害(上野舘)を築き、明治まで政務執った。 
4代目以降の墓所図、しかし平成23年3月11日の東日本大震災で殆どが倒壊したままであった。松山要害
一棟の御霊屋に(初代・2代・3代)がまつられている
松山要害の領主、茂庭氏菩提寺の石雲寺
松山要害の城下町に散見される古い家並
(松山要害)上野舘はこの坂道を上った突き当り。                          松山要害絵図
Back
松山要害の上野舘跡の松山高校
上野舘(茂庭氏の居館:現松山高校)から御坂を降りた広場に三方を木柵によって囲まれた長方形の池があり、この池で馬を洗ったため、駒池と呼ばれた。駒池の南側に大きな下馬屋に預けて上野館まで徒歩で往来した。