松坂城
松阪城: 伊勢(三重)松坂市 紀州徳川藩支城 城代支配                       ☆松坂城は蒲生氏郷が天正16年(1588年)に築城
 堅固で豪壮な石垣の松坂城。  御城番長屋(40石取り20軒×2棟)。 商家町筋/三井家発祥の地。  本居宣長(古事記伝)の鈴屋。
松坂城探訪歴:平成9年3月探訪/同14年3月再訪(家族と 城下の「和田金」で松坂牛を食べる)/同26年8月更新

※一口メモ:松坂城は天正12年(1584)、豊臣秀吉により松ヶ島城に封ぜられた蒲生氏郷が天正16年(1588)に完成させた平山城である。天正18年(1590)、蒲生氏郷は小田原合戦の功により、42万石の太守として会津に移封されたため、翌年、服部一忠が3万5千石を領して松坂城主となった。一忠は豊臣秀次事件に連坐して、切腹自害した。
 文禄4年(1595)古田重勝が松坂城に入封し、3万4千石を給せられ、関ケ原の戦い後、2万石を加増され5万4千石となる。元和5年(1619)紀州徳川家の祖、徳川頼宣の領地となったため、古田家は石州浜田に移封された。以後、松阪城には勢州18万石を統轄する紀州藩松坂城代がおかれた。
  紀州藩領下の松坂城に関して、江戸時代前期の史料に正保元年(1644)に天守閣が風のため倒壊して土台だけになったと記されている。
当時の城中の建物としてはもと隠居丸にあった米蔵のみが、現在、
殿町御城番長屋に残っている。

松坂城、本居宣長の鈴屋&旧宅
松坂城の石垣/右側は扇の勾配に井楼組みで積まれた隅石組み
本居宣長:1730〜1801年 木綿商の家に生まれるが、医者となる。現存する日本最古の歴史書「古事記」を研究、35年をかけて「古事記伝」44巻を執筆した。 鈴と山桜をこよなく愛し、書斎を「鈴屋」と呼び、山室山にあるお墓には山桜が植えられている。
敷島の大和心を人問わば、朝日に匂う山桜かな
三井家発祥の地:この道筋に門構え有り
松坂城(址)から撮影した御城番長屋:幕末武士の失業と再就職/中公新書・・参照