壬生藩:壬生城
壬生藩/壬生城:下野(栃木)壬生町 鳥居家 譜代 30千石【帝鑑間】子爵 壬生藩   ☆鳥居忠英が1712年に壬生藩に入封し8代150余年在封
壬生城は将軍家日光代参宿泊の城で、現在は城址公園。 壬生藩の移設城門/小山市本郷町。壬生藩鳥居家菩提寺の常楽寺。江戸の面影残す町並み
  壬生藩探訪歴:平成8年5月探訪 同17年5月再訪B/同26年6月更新 壬生城

※一口メモ:
@壬生藩の藩主変遷:日野根家→阿部家→三浦家→松平家(大河内)→加藤家→1712年鳥居家が水口から壬生藩に入封し藩主家が定着

A幕末維新時の壬生藩:壬生藩は宇都宮藩にならい新政府に恭順した。旧幕府の大鳥圭介軍と戦ったが芳しくなかった。佐幕抗戦に敗れた結城藩の警備や東北戦に兵をだし(壬生藩から360名出兵し3名戦死)、戦後の論功行賞で壬生藩は賞典金2千両を賜った。
B壬生藩鳥居家とは:1600年、関ヶ原の戦いで800人で伏見城を守って討死した鳥居元忠の子孫である。下総矢作藩4万石⇒磐城平藩10万石⇒出羽山形藩24万石(無嗣断絶)⇒信濃高遠藩32千石再興⇒能登下村藩1万石⇒近江水口藩2万石⇒下野壬生藩3万石で明治まで。   

壬生藩鳥居家菩提寺の常楽寺と合葬墓
壬生藩の江戸の面影を残す町家
壬生藩の壬生城跡
6
             壬生藩の壬生城移設門/小山市本郷町2-7 /H24.0 壬生藩