三原城
三原城:広島県三原市  広島藩筆頭家老 浅野家3万石 維新後男爵
三原城は一国一城令の例外城。 三原城移設城門/順勝寺。 三原城、領主浅野家の菩提寺の妙正寺。
 三原城跡は鉄道敷きにより分断。
三原城探訪:平成21年4月探訪
同26年8月更新
三原城は小早川隆景が1567年築城。1600年の関ヶ原の戦い後、福島正則が広島城に入城し、三原城は広島藩の支城となる。1619年福島正則改易後に和歌山から浅野長晟が広島城に入城し、三原城には、浅野家筆頭家老浅野忠吉が入城し明治まで続いた。
三原城、領主浅野家菩提寺、墓所の妙正寺
江戸の面影を残す家が散見できる 三原城の城下
三原城内にあった作事奉行所門⇒
三原j城(址)の遺構は天守台のみ