三春藩:三春城
三春藩/三春城:陸奥(福島)田村市 秋田家 譜代 50千石【帝鑑間】子爵       ☆秋田俊季が1645年に三春藩に入封し11代220余年在封
三春藩の藩校門  三春藩秋田家菩提寺の高乾院H16.11参詣  田村大元神社  三春の滝桜(日本三大桜)  三春藩      
三春藩探訪歴:昭和63年7月探訪/2回目の時滝桜満開/平成16年11月再訪B/同26年6月更新
三春の滝桜/樹齢1000年以上の紅枝垂桜
2010年5月再訪。岩手県内の花巻城、鍋倉城他の探訪の途次、桜が今盛りというので立寄った(今回は三春城は訪ねず)。
  三春藩、紅葉に映える三春城(址)

三春城址

※一口メモ:@三春藩の藩主変遷:寛永4年(1627)加藤家が三春城主になったのが三春藩の起こり。加藤家→松下家(除封)→1645年、宍戸から秋田 俊季が入封し三春藩の藩主家が定着
A幕末維新時の三春藩:幕末の三春藩の藩主は9才であったので、藩主の叔父が京都の情勢を的確につかんでいた。しかし三春藩の周りは奥羽越列藩同盟の藩にかこまれていたので、態度を鮮明にできなかったが、新政府軍が棚倉城を落とすと、会津、二本松攻撃の手引きをした(三春藩からの出兵は250名、13名戦死)。   
  三春藩の藩校門 /現小学校                  田村大元神社&戦国大名田村三代墓/福聚寺

三春藩秋田家菩提寺の高乾院の藩主廟所群