三池藩:三池陣屋
 三池藩/三池陣屋:筑後(福岡)大牟田市 立花家・柳川藩分家  外様 10千石【柳間】子爵   三池藩
              ☆立花種次が1621年に5千石加増されて、三池藩として立藩した。一時廃藩があったが、8代で明治
三池藩の陣屋跡は三池小学校。石造りの陣屋眼鏡橋福島県月館町下手渡に飛び地。三池藩立花家菩提寺の紹運寺&法輪寺跡 2006.04参詣
 幕末の三池藩の藩主、種周・種善・種温の墓は福島県下手渡の耕雲寺 (2006.11参詣)
                    三池藩探訪歴:平成10年1月探訪(大雪の豊後森藩も )/18年4月再訪/26年6月更新
三池藩立花家菩提寺の招雲寺&藩主墓
三池藩の陣屋眼鏡橋
三池藩の陣屋井戸跡

※一口メモ
幕末維新時の三池藩:維新時の直前には三池藩は陸奥下手渡にいたので、奥羽越列藩同盟の参加を躊躇していたため、仙台藩などに攻められ下手渡の陣屋を焼かれた。最後の藩主、立花種恭(31)は1868年に老中格・会計総裁に抜擢されたが、すぐに辞職し新政府についた。  

三池藩陣屋眼鏡橋を渡った突き当りに陣屋階段
小学校入口に三池藩陣屋跡の木柱/三池藩
福島県下手渡の耕雲寺の三池藩3藩主の墓     (2006.11参詣)
  三池藩6代種周が若年寄を罷免。三池から下手渡に左遷。 慶応4年に再び三池へ。種周 ・種善、種温の墓
三池藩立花家菩提寺法輪寺跡の藩主墓