三日月藩/三日月陣屋
三日月藩/三日月陣屋:播磨(兵庫)佐用町 森家・赤穂藩分家 外様 15千石【柳間】子爵  
                      ☆森長俊が1697年、本家の津山藩主の除封に伴い、領地を移され三日月藩を立藩9代170余年在封
三日月藩森家菩提寺の高蔵寺廟所(領地)。 落葉の清水(播磨の十水)。本陣の織田家。 三日月藩森家菩提寺の東京池上本行寺に7人の藩主墓  
三日月藩探訪歴:平成8年11月探訪・濃霧/同17年9月再訪:和田さん宅/同25年5月再訪 三日月藩宗家の播磨赤穂藩20千石・備中新見藩18千石
三日月藩の城下は城下町で宿場町でもあった。本陣の織田家/最初は平成8年秋
平成8年もこの土蔵脇を通り三日月藩の陣屋跡へ/17年
三日月藩の陣屋跡横にある「落葉の清水」
三日月藩の武家屋敷塀
復興の三日月藩の陣屋
 三日月藩森家菩提寺の東京池上本行寺・東京池上/初代から4代、6代〜8代藩主墓所 H19.03参詣
三日月藩森家菩提寺と5代藩主廟所H17.09参詣
※一口メモ:幕末維新時の三日月藩:維新時の三日月藩は近隣の諸藩に先んじて恭順の意を表し、藩主自ら庄内戦や会津戦に出兵し戦った(三日月藩からの出兵は51名、戦死は1名)。戦後、その軍功に対して、三日月藩は賞典金2千両を賜った。 
三日月藩の藩校:広業館/明治以降は尋常小学校として使用した。