三上藩:三上陣屋
三上藩 / 三上陣屋:近江(滋賀)野洲市 遠藤家 譜代 12千石【菊間】 子爵  三上藩  ☆遠藤胤親が1698年に三上藩に入封し6代170年在封
定府大名.。バス停山出前辺り。三上藩の陣屋裏門が陣屋敷地の民家に移築。移築陣屋門は常永寺/湖南市。三上藩遠藤家菩提寺の長敬寺。  
三上藩の分家:乙原陣屋2千石/岐阜郡上市 和良陣屋1千石/岐阜郡上市   三上藩探訪歴:平成9年6月探訪/同19年9月再訪/同26年8月更新
陣屋そばの三上藩の陣屋裏門

※一口メモ
@三上藩遠藤家は美濃が信長領となると信長に従い、関ヶ原では西軍方武将の多かった美濃で当初から東軍家康方に立ち、戦後は美濃郡上2万7千石となった。五代の常久(7才)が無嗣で死去して一旦領地は収公されるが、祖先の功により胤親が養子に入り家督を継ぎ下野・常陸のうちに1万石を賜い、名跡を継ぐことができた。その後1698年に封地を近江に移され、三上に居所を定め三上藩を立藩。
A幕末維新時の三上藩:維新時は三上藩の藩主は幕府の奏者番を務めており、上京が遅れたので、三上藩は一時知行を召し上げられたが、許されて三条実美の会津までの警護を命じられた。会計方も引き受けさせられた(三上藩からの出兵は85名)。

三上藩の陣屋移築門は裏に回ると江戸期の古い木が見受けられた
三上藩遠藤家菩提寺の長敬寺&改葬墓/東京浅草 H17.08参詣(大都会の小さなお寺さん)
僅かではあるが三上藩の陣屋跡の名残がある