三木城
三木城を巡る攻防:三木城は1492年頃(明応元年)別所則治によって築かれた。別所氏(播磨守護赤松氏の一族)は没落した赤松氏の復興を
助け、その功績で東播磨24万石を与えられ、三木の町は、東播磨の中心都市として栄え、別所氏は播磨国衆のまとめ役となった。

  戦国時代、織田信長の家臣、羽柴秀吉が播磨へ進軍してきた。姫路城主の黒田官兵衛はいち早く秀吉に恭順、別所氏もこれに従った。さらに
秀吉軍は上月城を陥落させ尼子勝久を城代として入れた。続けて、秀吉は三木城の
別所長治(21才)に毛利氏攻撃の先鋒を命じ、1578年(天正6年)
、加古川城で軍議が行われた。しかし、秀吉との折り合いがつかず交渉は決裂した。

  三木城へ戻った別所長治は秀吉に叛旗を翻した。長治は周囲の豪族を糾合し大勢力を結集、秀吉方の勢力を掃討した。別所氏の挙兵に同調
した毛利氏は上月城を包囲・落城させ尼子一族は滅亡した。
  秀吉は播磨に入国して日が浅く、戦況不利であった。播磨国衆を多数抱えた三木城は容易に落ちず、これを毛利氏が支援。戦いは長期戦にな
った。さらに秀吉と共に播磨攻略に当たっていた信長の家臣・荒木村重が叛乱を起こし伊丹城に立てこもった。秀吉は黒田官兵衛を村重説得の使
者に送ったが、捕虜として捕まってしまった。信長は官兵衛が荒木軍に寝返ったと疑い、官兵衛の子・長政を処刑しようとした。秀吉の軍師・竹中
半兵衛は事故死した子供の遺体を長政のものとして信長に報告し長政をかくまった。

  1579年(天正7年)、秀吉は毛利氏側の宇喜多氏を味方につけ、丹波国波多野氏を滅亡させ、荒木村重が逃亡し伊丹城は落城した。伊丹城から
救出された黒田官兵衛は片足が不自由となってしまった。嫡子長政の命を助けてくれた竹中半兵衛の恩を終生忘れなかったという。竹中半兵衛は
陣中で死去、享年36歳。

  この間、秀吉軍は三木城を孤立させて包囲。無理な力攻めは行わず兵糧攻めに徹した。一方、毛利軍との連携が消えた三木城中は飢餓に喘ぐ
ようになり牛馬や木の芽はもちろん戦死した兵の人肉さえも食料とした凄絶な籠城戦を展開した。
1580年(天正8年)正月、別所長治は秀吉の勧告を
容れて降伏、別所一族の自刃と引き換えに城兵の助命嘆願を申し出た。秀吉はこれを受諾、三木城開城。長治・友之(長治の弟)・重臣らが切腹した。
  三木城には前野長康⇒中川秀政⇒豊岡城主杉原家次領⇒1600年(慶長5年)の関ヶ原合戦後は姫路城主池田輝政領⇒1615年(元和元年)に
小笠原忠真に預けられる。忠真は明石城の建築に着手、三木城を破却してその用材を明石城の建築資材とした。
三木城の城主、別所長治像
三木城:兵庫県三木市別所町  城主:別所家                                     三木城探訪歴: 2008.11/2014.08更新 
三木城は戦国時代の城址。1578年、5代城主の別所長治の時、織田信長の家臣、羽柴(豊臣)秀吉の軍に包囲され、1年8ケ月に及び兵糧攻めにあい、1580年1月に城主一族は領民の命を救うために自刀して三木城を開城した。三木城は1617年の1国1城令により廃城。 墓所は法界寺。  
三木城攻めの間に、秀吉の参謀であった竹中半兵衛は病死した。
三木城の城主別所家菩提寺の法界寺/ 長治の廟所 /別所町朝日ヶ丘
三木城の絵図