水口藩:水口城
水口藩の移築武家門:70石の中士  真徳寺

水口藩の武家屋敷門

※一口メモ
@水口藩の藩主変遷: 加藤家→鳥居家→1712年加藤家が壬生藩から水口藩に再封し藩主家が定着

A幕末維新時の水口藩:維新時の水口藩は佐幕論が強かったが、佐幕派家老が暗殺されて、新政府に恭順した。錦の御旗の警護や伊賀越えで逃亡する幕府軍残党の取り締まりなどをおこなった水口藩から150名出兵、戦死は2名だった)。
B水口城の築城:1600年の関ヶ原の戦い後、徳川氏の直轄地となった水口は、東海道の宿場町に指定された。その後、3代将軍家光が、寛永11年
(1634)京都への上洛の際の宿館として、道中の水口に築かせた。これが水口城(水口御茶屋)である。作事奉行は小堀遠州が務め、城内には豪華な御殿が築かれた。しかし、この御殿が将軍の宿舎として使われたのは、この家光上洛の1回限りで、その後同城は、幕府の任命した城番が管理する城となった。天和2年(1682)加藤明友が2万石で水口城に入城し、水口藩が成立した。   

水口藩の城下、京町界隈
水口藩加藤家菩提寺の大谷本廟/京都
 桜の京都散策・清水寺・高台寺・知恩院・秀吉の墓H16年春
水口藩水口城門&水口城櫓/復興
水口藩/水口城:近江(滋賀)甲賀市水口町 加藤家 外様(準譜代) 25千石【帝鑑間】子爵   外様だが譜代の格式を与えられていた(帝鑑間) 
 移築武家門/真徳寺と水口町城内。 京町界隈の町家。 水口藩加藤家菩提寺は大谷本廟(文化財保護課さま教示) H16.04参詣。
   ☆加藤家は(賎ケ岳7本槍の一人、嘉明)松山藩20万石⇒会津藩51万石⇒改易⇒石見吉永藩1万石⇒壬生藩⇒1712年から水口藩
水口藩探訪歴:平成元年1月探訪は雪(中仙道馬籠宿も)/同12年10月/同19年9月再訪B/同26年8月更新 水口藩