三根山藩
三根山藩/三根山陣屋:越後(新潟)新潟市西浦区峰岡  牧野家・長岡藩分家 譜代 11千石 (菊間) 子爵
陣屋跡は三根山藩址公園。寄合旗本6千石の忠泰が1863年(明治維新の5年前)に大名となる。明治維新時の宗藩の長岡藩に米百俵を送る。(小泉首相誕生時に一躍有名になった藩)。三根山藩牧野家菩提寺の一山寺三根山藩。
 平成12年10月探訪/同22年8月再訪/同26年1月更新
三根山藩の陣屋見取り図
※一口メモ:
①幕末維新時の三根山藩:維新時の三根山藩は宗藩の長岡藩と行動を共にしたが、長岡落城で恭順を申し入れた。しかし庄内藩に威嚇され、やむなく奥羽越列藩同盟軍として出兵した。新政府軍が庄内藩兵を破ると、再び新政府軍に帰順して、三根山藩の藩兵は庄内領へ進撃した。三根山藩から83名出兵し、1名戦死した。 
米百俵の美談:三根山藩の宗藩・長岡藩は北越戦争敗戦後に極度の食糧不足に陥ったため、三根山藩が100俵ほどの義援米を送り届けたが、その義援米の扱いをめぐって長岡藩が人材育成を優先したことが、後に戯曲化されて米百俵の美談として世に知られるようになった。 
 寄合旗本6千石から明治維新の5年前に諸侯になる。
 従って、三根山藩として藩主は忠泰1人のみ。青山霊園の忠泰の墓
             (’05.03参詣)
一山寺概要:1658)に、寄合旗本の初代牧野定成が死去するとその菩提を弔う為二代忠清が万治3年(1660)に本堂を再建し寺号を一山寺と改称、三根山藩牧野家の代々の菩提寺とた(三根山藩牧野家は旗本で、後に江戸定府大名になった為三根山では政務はとらず参勤交代もなかった。一山寺には位牌と墓碑があるものの実際には遺骸は埋葬されていない。)
         三根山藩の陣屋跡と<米百俵>の石碑